月別アーカイブ: 2014年9月

予習・復習を徹底して志望校の合格を勝ち取った米山(仮名)さんの体験談

中学受験を意識し始めたのは小学校3年くらいの時からです。比較的早かったのですが、子供は割りと勉強が好きで、普段からいつも自発的に勉強をして成績も良かったので、受験勉強をするなら、なるべく5年生後半か、6年制でもいいかなとかんがえていました。5年生になり、子供自身が中学受験を強く望むようになったので、他のお子さんのように、中学受験の塾に通わせようかと、あちこちの塾を体験させていただきました。また親戚のいとこ達も、受験を経験していたので、塾や家庭教師などの情報も合わせよく聞くことができました。結局、模擬試験などを受けながら、6年生になってから、家庭教師に来ていただくことになりました。6年生からでは負担が大きいようですが、子供にとっては3,4年生から受験塾に通うより、はるかに負担は少なく、経済的にもはるかに楽でした。この選択は、子供の資質によりますが、きちんと模擬試験などで子供の学力を把握し、子供自身が志望校を定めてゆけるなら、とてもメリットの大きい選択だと思います。