入試直前は早く寝ましょう

中学受験に限らず、入試前には夜遅くまで勉強するお子さんも多い事でしょう。
少しでも時間を長くと考えがちですが、夜は早く寝る方が効率的でもあるのです。
入試の開始は昼間です。
午前9時のスタートが一般的でしょう。
これに合わせ、朝型に生活リズムを準備していく必要があります。
脳は、夜より朝の方が働き易いものです。
最近の入試問題は、記憶した知識だけでなく、考える問題も増えています。
脳が疲れていない朝に勉強する習慣を身に付けた方が効果的です。
逆に、夜は脳が疲れ易いので、勉強には不向きなのです。
脳や体の成長と修復をする成長ホルモンは、だいたい深夜0時から2時頃に分泌されると言われています。
この時間帯に寝ている事が、疲れた脳の修復にもなり、更に成長させる事にもなるのです。
たっぷり睡眠時間を取る事は、かえって得点アップに繋がります。
睡眠不足は思考力を低下させ、発想力も減退します。
また抵抗力も下がりますので、体調管理の上でも睡眠は必要なのです。