進学塾で受験対策をさせていた三谷(仮名)さんの体験談

小学5年生から中学受験を目指し、有名進学塾で学ばせてきました。
私たちの時代とは変わり、今はどれくらい受験校に対して情報を持っているかで合否がわかれるので、中学受験の専門の塾に通わなければ中学受験は難しいのだと思います。
6年生の夏休み頃から、塾では志望校とともに併願受験対策に入ります。
併願受験は自分の志望校より少し偏差値の低い学校を2校ほど受験するのですが、要するに受験の練習を本番でさせるのです。
いきなり自分の志望校に試験しに行くとなると、あの独特の雰囲気で飲まれてしまい、緊張して、力を出すことなく終了なんてことになりかねませんから、少し格下の受験日の早い学校を塾が選び、塾全体で受験しに行く対策をとってくれるのです。
これにはお金もかかり、その学校用の勉強もしなければなりませんが、志望校合格の為には必要な事と実感します。
試験当日のための体調管理等もシミュレーションできるので、必ず受けることをお勧めします。
ただ、併願受験に失敗するとその後に悪い影響がありますから、真剣に取り組まなければ意味がありません。